RSS
スポンサーリンク
  • 6
  • ◇THE 韓国人◇ 韓国人教授「慰安婦問題について朝鮮人も責任を避けられない、という指摘は認める。しかし、韓国が先に反省すべきではない。日本に責任回避の名目を与えかねない」

    1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2014/07/20(日) 11:38:08.08 ID:???.net
    全峰寛(チョン・ボングァン)KAIST人文社会学科教授

    筆者には、植民地時代の文化現象に関する単独著書が5冊あり、韓国近代の専門家を自認してきた。
    しかし恥ずかしながら、出版から1年近くになる『帝国の慰安婦』という本の存在を知らなかった。

    本書を読んだのは、著者のパク・ユハ教授が「元慰安婦の名誉を傷つけた」として告訴され、公憤の対象になった最近のことだ。

    資料の解釈は洗練されておらず、論理的飛躍と批判すべき部分は少なくない。
    それでいて、本書に記された事実そのものは全く目新しくなく、むしろ失望させられた。

    慰安婦は日本軍が「直接」強制連行したのではなかった。日本軍は業者に慰安所の設置と運営を委託したが、そうした業者の多くは朝鮮人だった。朝鮮人慰安婦は、これらの業者によって人身売買されたり、連れ去られたりするケースがほとんどだった。

    アジア・太平洋全域を舞台に戦争をしていた300万人規模の日本軍が、
    最も後方に位置する朝鮮で、のんきに女性の強制連行をしていたりはしないだろう。

    パク・ユハ教授は「戦争を起こした日本政府と違法な募集を黙認した日本軍に1次的責任を負わせるべき」という点を認めながら、法的責任を問うべき人物がいるとするなら、それは日本政府ではなく、詐欺・強制売春などの犯罪を行った業者の方だと主張している。

    請負業者に法的責任があるのに、それをそそのかした当事者には法的責任がない、という論理は受け入れ難い。
    しかし、慰安婦問題では朝鮮人も責任を避けられない、という指摘は認めざるを得ない。

    娘や妹を安値で売り渡した父や兄、貧しく純真な女性をだまして遠い異国の戦線に連れていった業者、業者の違法行為をそそのかした里長・面長・郡守、そして何よりも、無気力で無能な男性の責任は、いつか必ず問われるべきだ。
    それでこそ、同じ不幸の繰り返しを防げる。

    しかし今は、問題を提起すべき時期ではないだろう。

    納得できる謝罪と賠償を1次的責任を負う日本が拒否している状況で、韓国側が先に反省したら、日本に責任回避の名目を与えかねないからだ。
     

    2014071900902_thumb

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/07/19/2014071900902.html
    続きを読む
    スポンサーリンク
  • 7
  • ◇サヨク悲報◇ 朝日新聞、集団的自衛権否定論を『ドラえもん』に例える ⇒ [原作] ドラえもん「のび太への侮辱は僕への侮辱」 のび太「正義を守るにも力がいる」

    1: ばぐ太☆Z ~終わりなき革~ φ ★@\(^o^)/ 2014/07/20(日) 11:39:41.84 ID:???0.net
    ・札幌琴似工業高の川原茂雄教諭が伊藤絢子弁護士を招いて集団的自衛権を学ぶ授業を行い、その中で『ドラえもん』をメタファーにしたことが話題になっています。

     「のび太が武装しても自分を守れるかな」(2014/7/19 朝日新聞)

     川原さんと伊藤さんは、「ドラえもん」を例に話を進めた。米国は「ジャイアン」、日本は「のび太」。
     安倍晋三首相は集団的自衛権の行使容認で「日本が戦争に巻き込まれる恐れは一層なくなっていく」と胸を張ったが、「のび太が武装して僕は強いといっても、本当に自分を守れるかな」と川原さん。
     生徒はみな顔を上げ、考えこんだ。

     勢力均衡論で見るか、脅威均衡論で見るかでドラえもんとジャイアンの捉え方は変わると思いますが、集団的自衛権の文脈でジャイアンを米国になぞらえるのはどうでしょうか。

     ご存知のように、ドラえもんはのび太の世話係で同居人で友達です。かたやジャイアンの基本設定はいじめっ子で、のび太の直接的な脅威です。これを踏まえて、のび太を日本とすると、ドラえもんを同盟国である米国になぞらえるのは分かりますが、ジャイアンと見立てて議論するのは、のび太目線で考えると適切でない気がします。

     そもそもドラえもんとのび太の関係は、集団防衛そのものみたいなところがあります。

     ドラえもん「のび太がぶじょくされたということは、ぼくがぶじょくされたと同じだ。ふくしゅうしよう」
     (藤子・F・不二雄、『ドラえもん 7巻』「タヌ機」147ページより。)
     no title


     ふたりの関係は、同盟という観点から見て稀有なほど強固に機能しています。
     仮に、集団的自衛権に否定的な立場から論じたいのなら、成功例であるドラえもんとのび太の関係を引き合いに出すのはあまり効果的ではないかもしれません。

     伊藤さんは「武装してけんかをするか、何も持たずやられるのか、選択肢は二つじゃないよね」と、話し合いでの解決法を示した。
     選択肢が二つでないのはその通りです。ドラえもんがいるorいないで前提が変わりますし、ドラえもんがいないのなら、のび太が武装する(自主防衛)、スネ夫と二国間同盟または出木杉くんやしずかちゃんらと多国間同盟(バランシング/バックパッシング)、ジャイアンと同盟(バンドワゴニング/アピーズメント) などが考えられます。

     話し合いでの解決も賛成です。当ブログでは、国際紛争において対話が重要であることはこれまでも繰り返し取り上げてきました。しかし同時に、『ドラえもん』に話を戻せば、ジャイアンに話し合いが通じる場面は多くありません。のび太は理不尽に漫画を取り上げられ、気分次第で殴られます。

     ジャイアン「おれは今ムシャクシャしてるんだ!!」
     (藤子・F・不二雄、『ドラえもん 39巻』「さとりヘルメット」より。)
     no title


     そう、相手は話し合いの通じない脅威なんです。そんな相手をどう抑止し、どう付き合うか、というところが『ドラえもん』からくみ取るべきところではないかと思います。

     のび太「正義を守るにも力がいるんだなあ。」「力がほしいなあ…。」
     (藤子・F・不二雄『ドラえもん 27巻』「10分遅れのエスパー」120ページより 。)
     no title


     『ドラえもん』をメタファーに安全保障問題を考えるのは問題がないわけではありません。
     『ドラえもん』の世界はあくまでも個人のレベルであり、個人の心理的傾向を国家に投影することは注意が必要です。ある程度専門用語が理解できて、具体的な議論になれば、例え話はかえって本質を誤らせてしまいがちです。そうした点を意識しながら、あくまでも初歩の初歩として取り上げるのであれば、『ドラえもん』は優れた安全保障学の入門書になり得ると思います。

     (抜粋)
     
    http://blogos.com/article/90862/
    続きを読む
  • 4
  • ◇サヨク速報◇ 2004年にイラクで誘拐された高遠菜穂子さん「仮に自衛隊が救出に駆け付けていたら私たちは撃ち殺されていた。問題解決には武力よりも交渉力を」【東京新聞】

    897
    http://ja.wikipedia.org/wiki/高遠菜穂子

    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/07/20(日) 10:30:18.00 ID:???0.net
    安倍晋三首相は集団的自衛権の行使容認に踏み切り、自衛隊の海外活動を広げました。
    ただ、「命の危険」が増す問題には触れようとはしません。
     十四、十五日にあった国会の集中審議で、野党側は自衛隊が海外で武器を使う機会が増えることに伴い、隊員の命の危険が増すのではないかと追及しましたが、安倍首相はまともに答えませんでした。首相は自衛隊の最高指揮官です。しかし、「外交に全力を尽くす」「危険はない」など抽象的な答弁にとどまりました。

    ◆「駆け付け警護」を解禁

     閣議決定には集団的自衛権の行使ばかりではなく、海外へ派遣された自衛隊による「駆け付け警護」や「任務遂行のための武器使用」が含まれています。
     「駆け付け警護」は海外で襲撃された日本人を救出するものです。現実味はあるのでしょうか。
     イラクで武装集団に誘拐され、八日後に解放された高遠菜穂子さんの話を聴きました。
     ボランティアとして活動していた高遠さんは二〇〇四年四月七日、カメラマンらと一緒に三人で隣国ヨルダンからイラクの首都バグダッドに向かう途中、武装集団に誘拐されました。
    犯人は自衛隊の撤退を要求、日本政府は応じませんでしたが、十五日に全員無事に解放されました。
     高遠さんによると、誘拐された最初の三日間は目隠しをされ、覚えているだけでも九回車に乗せられて民家を転々としました。毎回、別の人物から「何をしに来た」「日本のスパイか」と同じ尋問を受けました。繰り返し聞くのは取り調べの常とう手段です。
     その都度、自分はイラクの総合病院でボランティアをしている、こちらの日本人は劣化ウラン弾の被害を報道していると説明したそうです。

    ◆イラク人質事件の被害者は

     「おまえたちはスパイではない。解放する」と言われたのは四日目。しかし、その後も状況は変わらず、目隠しをされて車で何度も移動しました。見張りは数人。銃を持っている音がします。あるとき見張りが消えた気配がしたので、カーテン越しに外を見たら砂漠の中の一軒家にいることが分かりました。
    バグダッド市内だと思っていた高遠さんは武装集団の用意周到ぶりに驚いたそうです。
     自衛隊が救出に駆け付けていたらどうなっていたでしょうか。高遠さんは「最初に私たちが撃ち殺されていたでしょう。周囲は見通しのよい砂漠なのです。自衛隊から犠牲者が出たかもしれません。問題解決に必要なのは武力ではなく、交渉力なのです」

    (以下略 全文はリンク先で)

    ソース 東京新聞
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2014072002000122.html
    続きを読む
  • 3
  • ◇頭しばかれ隊◇ しばき隊「『"男組"即時釈放署名』ただいま約2000人。1万人まであとわずか!」← !?

    244: 日出づる処の名無し 2014/07/20(日) 01:54:17.26 ID:Ywq62iTa.net

    *現在は約2200人


    なにいってだこいつら?

    246: 日出づる処の名無し 2014/07/20(日) 01:56:08.49 ID:YvSxEi2g.net
    >>244
    ワロタ
    続きを読む
  • 40
  • ◇未確定注意◇ 犯人なのでは?と噂された例の掲示板への書き込み、ガチで逮捕された藤原武(49)容疑者によるものかも...【岡山県倉敷市少女行方不明事件】

    不明の女児保護 一緒にいた49歳男を逮捕

    岡山県倉敷市で今月14日から行方が分からなくなっていた小学5年生の女子児童が、19日夜、岡山市内で無事保護され、警察は、一緒にいた49歳の男を監禁の疑いで逮捕しました。
調べに対して男は容疑を認めているということです。

    逮捕されたのは岡山市北区の無職、藤原武容疑者(49)です。
この事件は、岡山県倉敷市徳芳の小学5年生、森山咲良さん(11)が、今月14日の午後4時ごろ、下校途中に行方が分からなくなったものです。


    警察は、行方不明になった日の午後4時半ごろに女子児童とみられる女の子が自宅近くで男に話しかけられ、そばにシルバーの車が止まっていたのを近所の人が見ていたことや、ことし5月と先月にも特徴の似た不審な車が目撃されていたことから、警察は、こうした車のナンバーをもとに捜査を進めていました。

    
その結果、19日午後10時すぎ、岡山市北区の藤原容疑者の自宅で女子児童を見つけ無事保護するとともに、一緒にいた藤原容疑者を監禁の疑いで逮捕しました。
女子児童にけがはないということです。


    調べに対して藤原容疑者は容疑を認め、「小学生の女の子を自分の車で連れ去り、自宅に監禁した」と供述しているということです。

    
警察によりますと、保護されたとき女子児童は1階の洋室でテレビを見ており、藤原容疑者が近くにいましたが、特に抵抗する様子はなかったということです。
警察官が女子児童の名前を呼ぶと「はい」と答えたということです。

    
藤原容疑者は自称、イラストレーターで、女子児童の家族は「面識はない」と話していて、警察は藤原容疑者の取り調べを進め、詳しい経緯を調べることにしています。

    《以下略》

    41)

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140720/t10013148611000.html
    続きを読む
  • 11
  • ◇超速朗報◇ 行方不明の小5女児を保護!!!! 犯人の藤原武容疑者(49)を監禁の疑いで逮捕!【岡山県倉敷市少女行方不明事件】

    1: 帰社倶楽部φ ★@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 22:53:27.09 ID:???0.net
    岡山県警察本部によりますと、倉敷市で今月14日から行方が分からなくなっていた小学5年生の女子児童が、岡山県内で見つかり、警察に保護されたということです。

    30)

    7月19日 22時50分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140719/j65383510000.html
    続きを読む
  • 8
  • ◇ミンス速報◇ 仙谷元官房長官 「民主党の選挙大敗は国民の過剰期待とメディアの煽りのせい」「マニフェストも7〜8割は実現できていた」

    1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 20:44:12.68 ID:???0.net
    17日放送のトーク番組「上田晋也が真相直撃!『ニュースの巨人』」(TBS系)に、元内閣官房長官・仙谷由人氏(民主党)が出演し、2012年の衆院選挙について、民主党が大敗したのは「国民の過剰期待と、過大なる失望、メディアの煽り」が原因だったと語った。

    番組では、上田晋也が、自民党から民主党への「政権交代」に触れ、仙谷氏に「民主党に大きく期待した面っていうのもありますけども、結果的には大きく裏切られたなって思ってらっしゃる人(もいる)」と切り込んだ。

    仙谷氏は、この「国民の期待が裏切られた」との指摘に対し、「国民の皆さん方が過剰な期待をして(いた)」「じゃなにが皆さん方の望みなんですかと、ほんとに自問自答したら、皆さん方もよくわかんないと思うんですよ。なに期待しますか?」と、逆に上田に詰め寄った。

    これに対し、上田は「民主党に裏切られたっていうのは、逆に言えば、民主党に期待させられたというのもあったと思うんです。マニフェストとかでね。でも結局マニフェスト違反だらけじゃないかとか、これマニフェストにないのに消費税上げるのかとかもあったじゃないですか?」と食い下がった。

    しかし、仙谷氏は「マニフェスト違反だらけ」という言葉に反応し、「だらけじゃなくて、7~8割はできてんですよ」と反論。

    上田が「でもその実感が無いんですよね」と返すと、仙谷氏は、「何があれば実感になるのか。だって、『子ども手当』なんていうのは7割ぐらいだけどもしたじゃないですか」と口を尖らせた。

    さらに番組では、2012年の衆議院議員選挙で民主党が大敗したことや仙谷氏自身も選挙に落選した事実を取り上げた。
    そのうえで、上田が「仙谷さんは国民が期待しすぎたのが悪いというふうにお考えですか?」と訊くと、仙谷氏は「まあ、過剰期待と、過大なる失望、メディアのある種の煽りがね、あの選挙結果をもたらしたと思いますよ」と、民主党大敗の原因を説明した。

    そして、上田が「仙谷さんは、べつに民主党政権というのは決して失敗ではなかったと?」と振ると、仙谷氏は即座に「うん。失敗ではなかったと思いますよ」と答えている。

    ただ、仙谷氏は民主党の政権運営については間違いがあったことを認め、「政権運営というのは政府与党が一体となってやらなければいけないけれども、そこは絶えずギクシャクしていたというのが最大の問題だったでしょうね」と当時を振り返っている。

    250px-Yoshito_Sengoku_20100130

    http://news.livedoor.com/article/detail/9060820/
    続きを読む
  • 4
  • ◇サヨク速報◇ 舛添要一都知事「外国人に対するヘイトスピーチ、五輪が開催される都市で恥ずかしい事だ」 国会で立法の必要性も指摘

    1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 10:32:55.07 ID:???0.net
    ヘイトスピーチ「基本的人権に対する挑戦だ」 舛添知事

    ヘイトスピーチ(差別的憎悪表現)について、舛添要一都知事が18日の会見で
    「基本的人権に対する挑戦だ」と批判した。条例などによる規制については、
    表現の自由を踏まえ「都知事が憲法解釈を決めるべきでない」と慎重な姿勢を示し、国会での立法の必要性を指摘した。

     
    46)

    http://www.asahi.com/articles/ASG7L5WGPG7LUTIL04V.htm

    舛添知事定例記者会見

    【知事】私は、もうヘイトスピーチというのは好ましくないと思っております。多様な価値観を認めるというのが民主主義の基本ですから、それを否定するようなことは止めるべきであると思っておりますし、特にこの人種とか国境の壁を超えて、スポーツを通じてしっかりと世界平和を目指そうというのがIOCの精神でありますから、そこで人種差別的な言動をどうするということは、それはオリンピック精神にも反する。
     サッカーの試合でジャパニーズオンリーと書いて、ものすごい批判を受けましたね。そういうことはもう二度とやってはいけないので。
    しかし、ヘイトスピーチの中身は実質的にそういうことになっている。しかし、あの関西の判決も、要するに言論の自由云々というよりも、威力業務妨害的な外形で刑法に抵触するようなところに持ってきているものですね。
    だから、それは私は、まさに憲法の基本的人権について、このヘイトスピーチの問題は、皆さん方のメディアも是非頑張っていただいてですね、国民的議論を起こすべきだと思っています。
     例えばそれは言論の自由があると。それは言論の自由は大事なのですけども、ある特定の民族とか、ある特定の人に対して罵詈雑言浴びさせて、おまえ死ねみたいなことを言って、それが果たして言論の自由なのだろうかと思いますので、私は、そういうことの憲法議論こそ、国会を含め、もっと一生懸命にやるべきだと思っているので。
    我々がやれることはですね、人権週間があります。これは人権に対しては、根本的に人権に対する挑戦ですから、東京都の人権週間、日本国でも人権週間がある。それは人権啓発キャンペーンのようなところで徹底的にこれは、そういうことは止めるべきであるということを言いたいと思います。
     そして、これは、言論の自由として認められる限度がどこまであるのかということを憲法学者の皆さんももう少ししっかりやっていただくとともに、
    例えば、完全に脅迫罪に当たると。どう見てもおまえを殺すぞといって脅迫しているのであったら、脅迫罪ということが適用できないか。
    外形で、それは罪刑法定主義であるし、きちんと事実と証拠に基づいてやらないといけないけれど、きちっと監視をして、警察がですよ、完全にこれは脅迫に当たるという時は、それはどんどん摘発すべきだと思いますね。
     そういうことをやるより前に、これから2020年の東京オリンピック・パラリンピックを迎える東京都民が、そういうことを言って、歴史に名の残る世界一の祭典、2020年の大会にできるのですかと。そのようなことをやっていて、東京は世界一の街と言えるのですかと。恥ずかしいと思ってもらわないといけないですね。私は、だから断固そういう方針で人権を守ると。
    人権も守れないような東京で、他の国の人、他の民族に対して、それだけ汚い言葉をかけるような東京で、それはオリンピック・パラリンピックなんて胸張ってやれませんよ。ですから、こういうのは東京都民が私と同じ気持ちになっていただいて、そういうことは許さないのだと、そういう思いを持っていただきたいと思います。我々もそういうキャンペーンはやっていきたいと。

    -法規制について

    【知事】やはりね、その憲法というのは重いんですよね。だから、東京都知事が勝手に憲法解釈で決めるというようなことは、とてもじゃないけど、やるべきではないと。ですから、やはり、まずは憲法学者がしっかりと議論をしてもらって、過去の判例の積み重ねはあって、今回の判例も非常に外形を見てかなり厳しいこと言ったので、1つの例になると思いますから、判例を積み重ねることによって、憲法についてのきちんとした解釈は、三権分立ですから、司法でやってもらうのが非常に良いと思います。
    大体の国民のコンセンサスが生まれれば、これはむしろ、東京都が条例ということよりも国権の最高機関である国会できちんと法律をつくるなり、刑法を改正するなりやっていただくと良いと思います


    (動画)
    ※19:00~
    http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/KAIKEN/TEXT/2014/140718.htm
    続きを読む
  • 0
  • ◇サヨク速報◇ NHK退職者が経営委に、籾井会長の辞任勧告申し入れ! 退職者「『政治的に中立』などの資格要件に反する」

    1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 12:42:59.47 ID:???0.net
     NHKの籾井勝人会長の就任会見時の発言などをめぐり、NHKの全国の退職者有志が18日、籾井会長に辞任を勧告するよう、会長の任免権があるNHK経営委員会に申し入れた。応じない場合は罷免するよう求めている。

     申し入れは、元ディレクターで作家の小中陽太郎さん、元アナウンサーで作家の下重暁子さんら計172人の連名。


     申し入れ書によると、籾井会長が1月の就任会見で「政府が右というのを左とは言えない」などと発言したことについて「その姿勢は一時的なものではなく、その後も変更されていない」と指摘。「政治的に中立」などの資格要件に反していると訴えている。

    svg

    ソース(中日新聞・共同通信) 
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014071801001719.html
    続きを読む
  • 4
  • ◇話題◇ 野口健さんが体験した韓国での"日本人差別" 10年ほど前の話だった!「あの時そうなら、もっと酷いのでは」

    1: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 14:42:22.50 ID:???.net
    ■韓国での「日本人差別」10年ほど前だった 「あの時そうなら、もっと酷いのでは」 アルピニストの野口健さんに聞く■

    韓国でタクシーに乗ると、「日本人なら車から降りろ」と言われた――。アルピニストの野口健さん(40)がこうツイートしたところ、賛否分かれる様々な反響があった。このことについて、J-CASTニュースに説明したいと野口さんから指定があり、事務所で早速、本人に話を聞いた。

    ■自分の態度が悪かったことはないと思う
    ――今回、なぜインタビューしてもらおうと思ったのですか? ネット上では、差別話に共感する声も多く
    ありますが、ジャーナリストらから「ウソくさい」などとツイッターで批判されたからですか?

    野口 そういうことよりも、ツイッターだと、短い文章しか書けないので、理解されにくいと思いました。以前、J-CASTニュースさんに取材して頂いていましたし、第3者の方に聞いてもらう方が、正確に話が伝わるのではないかと思いました。

    ――タクシーの件は、日本人だから以外の理由は本当になかったのですか? 例えば、態度が悪いと
    思われてしまったとかです。

    野口 夜、飲みに行った後、韓国語はできないので、手を上げてタクシーを呼び止めました。乗車後に、ホテルのカードを出してそれを読むと、50代ぐらいの男性運転手に日本語で「ニホンジン?」と聞かれました。「そうですよ」と答えたら、「ゴーゴー!」と言って車から降ろされました。

    車は少し走り出していたので、「金は払え」とジェスチャーで言われましたが、目的地まで乗せてくれなかったわけですから「ノーノー」と言ったら車を急発進させていってしまいました。車の中では、「ホテルどこだったっけ?」と日本語でつぶやいたことはありますが、態度が悪かったことはないと思います。

    ――釜山のサウナに入ったときも、「日本人か?」と聞かれ、「追放」されたそうですが、詳しくお願いします。

    野口 あの「追放」という表現は過剰だったかもしれません。サウナでは、一緒に行ったヒマラヤのシェルパの方と日本語で話していると、お店のお年寄りの方が上手な日本語で「あなたは日本人ですか?」と聞いてきました。

    こんなことを聞き返す方が悪かったかもしれませんが、「日本語がお上手ですね」「お勉強されたんですか?」と言いました。すると、お年寄りの方は、スイッチが入ったように、「違うよ。あなた方、日本人が教えたんじゃないか!」と怒り出したのです。

    日本統治時代に強制的に教育を受けたのに、配慮のない言い方だと思ったのでしょう。すると、何が起きたんだと周りが騒ぎ出し、困ったなと思っていると、お年寄りの方が「あなたは出て行きなさい」というので、出て行ったわけです。


    ――韓国人のお年寄りの方は、周りが騒ぎ出したので、気を利かせてそう言っただけではないですか?
     本当に「追放」されたのでしょうか?

    野口 それはそうかもしれません。確かに、気を利かせたこともあるかもしれませんね。

    ――ところで、タクシーやサウナの話は、最近のことなのでしょうか?

    野口 タクシーは、2001~03年ごろのことです。韓国で日本人客をタクシーに乗せない運動があったと
    ネット上で情報が寄せられましたが、それはもっと前のことで、その繋がりではないと思います。サウナは、
    タクシーの数年前のことで、1998か99年ごろだと思います。

    IMG_5658______400x400

    ソース livedoor/J-CASTニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/9058961/

    >>2以降につづく)

    関連スレ【韓国】野口健氏、韓国で日本人差別を受けたエピソード明かす [7/15]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1405395875/
    【観光】 韓国、日本人客減に危機感…東京で誘致イベント「文化や観光の交流は、政治外交と区別して発展させていくべきだ」★2[07/14]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1405395911/
    【日韓】「相当にウソくさいな。どこのサウナだ」 安田浩一&清義明、野口健が韓国で体験した『日本人差別』ツイートに噛み付く★3
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1405587310/
    続きを読む

     最新記事一覧


    Powered By 我RSS

     週間人気記事ランキング



     過去の人気記事

      スポンサーリンク
      SNS

      最新記事
      アクセスランキング
      月別アーカイブ
      カテゴリ別アーカイブ
      記事検索
      お問い合わせ
      スポンサーリンク
      アクセスカウンター
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:

      ブログランキングご支援
      ご支援よろしくお願い致します
      おすすめリンク
      RSS