1: 紅あずま ★@\(^o^)/ ©2ch.net 2017/07/17(月) 16:39:57.17 ID:CAP_USER9
政党の選挙協力「何が悪い?文句ある?」自由・小沢代表
朝日新聞:2017年7月17日14時35分

一部抜粋

■小沢一郎・自由党代表(発言録)

 民主主義でね、選挙のために皆が協力して何が悪いの? 「当たり前のことだ、何か文句あっか」つって言えば良い。

14

http://www.asahi.com/articles/ASK7K4GVMK7KUTFK001.html 
人気ブログランキングへ



スポンサーリンク



4: あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/ 2017/07/17(月) 16:45:31.57 ID:5qTcVK8l0
>>1
さすが選挙しかない人は違う。
理念や信念が違うものが集まってもタダの野合だろうに。

66: あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/ 2017/07/17(月) 17:45:13.36 ID:EXGPXGc20
>>1
>政党の選挙協力「何が悪い?文句ある?」

相手によるだろ。
例えば欧米で共産党って言ったら、ナチスと近い位置づけだろ
存在自体が非合法の国もある(西ドイツでは1968年まで共産党はナチスと同様に非合法)。
そういうとこと組んだら、流石にまずいだろ

37: あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/ 2017/07/17(月) 17:18:21.18 ID:S7Me7F070
                       .
日本を共産主義にすると主張する共産党と組んでる時点で、小沢一郎はアウト。

そんなことしかできないから、自由党の支持率は1%以下。自民の1/30以下なんだよ。
   

38: あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/ 2017/07/17(月) 17:19:23.26 ID:7knRW0v/0
それは「○○じゃなければ誰でもいい」といろいろ諦めた国民にしか通じないだろ。
選挙協力して、その後連立政権作るの?全然違う主張してるのは政策調整するの?ってはなしだろうに。

45: あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/ 2017/07/17(月) 17:26:06.92 ID:Yaeu4c/j0
小沢も落ちぶれたな。
結局、政局のために動いて国民を置いてきぼり。

今の野党のもとを作った小沢は支持などされんよ。

49: あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/ 2017/07/17(月) 17:28:52.48 ID:Jjygt8hc0
小沢は政治をやる気なんてさらさらない。
政党を作っては壊し作っては壊しで、謎の利ザヤで太ってきた寄生虫。

81: あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/ 2017/07/17(月) 18:22:47.00 ID:3IpI/VMK0
勝った後の事を考えていない連中に勝たせてもまともに政権を運営出来ない
しかもそれが方向性がバラバラの烏合の衆とあっちゃ国民が不幸になるだけ
それを散々思い知らされた3年3ヶ月
国民はもう最低限の理念と方針すら定まっていないのに
力だけを求めるだけの政党に国の一翼を任せはしない
今の民進党の支持率はその表れだよ

85: あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/ 2017/07/17(月) 18:28:49.97 ID:HcrYCA0G0
文句ある有権者は票入れないから安心しろ

102: あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/ 2017/07/17(月) 19:27:58.99 ID:S1+nJ+T50
選挙に勝つために政策が真逆の政党と組むとか気持ち悪いし投票するわけないだろ

111: あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/ 2017/07/18(火) 01:39:44.74 ID:cOkWF5GwO
失敗した事繰り返すな

一時的成果上がっても政策一致が見いだせず

グダグダした過去を忘れたのか?

政局だけ やりがいの小沢はいいが

国民は困る 国民目線で政治しろ

114: あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/ 2017/07/18(火) 03:05:01.14 ID:E0s7zhdB0
ま、もう民進党と社民党と自由党は、死に体だからどうでもいい。

共産党が、ソフト路線で奴らの悪魔の顔を隠して、受け皿になることを目指してる。
それでも、まともな受け皿になってないので、たいして伸びてないが、
ちょっとでも伸びたということは、騙される人間が少なからずいるということ。

今後は共産党の恐ろしさを喧伝しないといけない。

引用元: http://fate.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1500277197/



スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
↓クリック↓


最新情報をお届けします