1: きつねうどん ★ 2019/06/03(月) 12:24:21.26 ID:CAP_USER
2019.06.03 07:00 NEWSポストセブン
韓国の徴用工「日本に行きたくて行った」証言

 戦時中、日本統治下で強制的に連行・動員された朝鮮半島出身の労働者たちは、奴隷のような扱いを受けて塗炭の苦しみに喘いだ──これが韓国社会に定着した徴用工「強制動員」のイメージだ。
しかし、『韓国「反日フェイク」の病理学』の著書がある韓国人ノンフィクションライターの崔碩栄氏は、そうしたイメージとは正反対の「証言」が残されているという。

以下リンク先全文参照

スクリーンショット 2019-06-04 0.09.03

https://www.news-postseven.com/archives/20190603_1380721.html
人気ブログランキング




《おすすめ記事》



スポンサーリンク



10: Ψ 2019/06/03(月) 12:33:08.76 ID:Et6qWAKg
(朝鮮人の)徴用が始まったのは戦争末期だからな
それまでは募集

13: Ψ 2019/06/03(月) 12:35:47.44 ID:oTZMUrAA
結局 現在と同じ失業問題
朝鮮半島に碌な産業がなく雇用を確保できなかったので日本に求めるしかなかった
今でも同じでしょ? 韓国内に若年者の雇用がないので日本に出稼ぎ
半島はなにも変わってないし被害者面するから悪質
出稼ぎに来れるような人はある意味優秀だったんでしょ?

25: Ψ 2019/06/03(月) 13:00:29.47 ID:srgc9/ZZ
元台湾人少年工の団体に、韓国の「徴用被害者」の支援団体が
同じ強制連行された仲間として連帯しようと働きかけてきたことがあったが
「我々は強制連行されたのではなく志願して高い競争率の中から選ばれたのだ」
と台湾少年工OBたちを怒らせた

34: Ψ 2019/06/03(月) 13:39:51.79 ID:zvCDJmLQ
こういう真実の声は政府、マスゴミ、社会が一体となって翼賛的に抹殺してしまう欠陥国家

36: Ψ 2019/06/03(月) 13:55:47.08 ID:nlwzenlO
実際、戦前の朝鮮民族は本土(日本)への渡航は治安維持を理由に制限が掛かっていて
自由に日本へ渡ることはできなかったわけで選ばれた人間しか日本に行けなかったんだよね・・

49: Ψ 2019/06/03(月) 16:14:07.55 ID:DYChFWna
そりゃね
当時は
何の産業もない国(?)だったワケだし

単に集団就職感覚だったのは当然

《おすすめ記事》



12: あなたの1票は無駄になりました 2019/06/03(月) 18:30:19.30 ID:Os6cYc/60
>>1
知ってた
というか似たような話はずっと言われ続けてた

2: あなたの1票は無駄になりました 2019/06/03(月) 18:02:37.38 ID:Qc04qiq90
朝鮮これどうすんの?wwwww

4: あなたの1票は無駄になりました 2019/06/03(月) 18:06:19.02 ID:91WcfmTj0
慰安婦強制連行の証拠も無いしw

17: あなたの1票は無駄になりました 2019/06/03(月) 18:41:45.35 ID:PdOanzSG0
昔の人は正直な人もいるんだな
驚いた

30: あなたの1票は無駄になりました 2019/06/03(月) 20:00:43.22 ID:RAIvisJD0
国会で首相があの人たちは徴用工でないと述べたのに聞き流してのみ込ますにいまだにうじうじと
これをバカの壁というのか?
【関連記事】
【徴用工判決】安倍首相「今般の原告は『徴用』でなく『募集』」(国会動画)

【参考】
b22d3db7-s

1fc41ea5-s





38: あなたの1票は無駄になりました 2019/06/03(月) 23:48:55.02 ID:my4NY6QO0
差し押さえた資産とやらの現金化ってどうなったん?
やるよやるよでやった話聞かないんだが?

引用元: http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1559552385/

引用元: http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1559532261/



韓国「反日フェイク」の病理学 (小学館新書)

新品価格
¥907から
(2019/6/4 00:10時点)



*コメントされる方は『表現』に注意して下さい(※下記注意書き参照)


スポンサーリンク

《おすすめ記事》

《最新記事》


この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します


↓クリックで支援↓


最新情報をお届けします