RSS
    スポンサーリンク

    毎日放送(MBS)

  • 61
  • 【マスゴミ】神戸5人殺傷 毎日放送が別人の写真を『容疑者』として放送 全国ネットのJNNニュース、関西ローカル「ちちんぷいぷい」 本人指摘で判明、謝罪し訂正

    1: ひろし ★ 2017/07/17(月) 22:32:13.22 ID:CAP_USER9
    一部抜粋

     同社によると、同日昼に放送した全国ネットのJNNニュースや同日午後の関西ローカル情報番組「ちちんぷいぷい」の中で、竹島容疑者として3枚の写真を放送したが、このうち1枚が別の男性の写真だった。取材で入手した容疑者の学生時代の卒業アルバムの中から、編集担当が容疑者と確認できていない写真を手違いで使用したという。

    48

    リンク先全文参照
    http://www.sankei.com/west/news/170717/wst1707170055-n1.html
    人気ブログランキングへ

    続きを読む
    スポンサーリンク
  • 102
  • 【マスゴミブーメラン】<MBSちちんぷいぷい>石田英司氏に文春砲 脱税NPOから愛人同伴接待旅行 番組で謝罪、局は放送に影響なしと見解

    1: @Egg ★@\(^o^)/ ©2ch.net (★) 2017/06/08(木) 14:35:19.37 ID:CAP_USER9
    MBS石田氏が謝罪 愛人認める…局は「ズブズブ接待」該当しないと判断
    6/8(木) 14:19配信

    番組では、石田氏がNPO法人から受けたと報じられた「ズブズブ接待」に関して、同局調査結果として「放送への影響は一切なかった」「いきすぎた接待を受けた事実はない」との見解が示された。そのうえで石田氏が「不徳の致すところです」と招待旅行に同伴したと報じられた愛人の存在については認め、謝罪した。

    20

    リンク先全文参照
    6/8(木) 14:19配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170608-00000065-dal-ent

    18 :名無しさん@恐縮です 2017/06/08(木) 14:43:35.38 ID:gvLHFr4mI
    石田、普段は追及に威勢がいいが、自分のことはしらんぷいぷいだなwww
    xe8YASr


    人気ブログランキングへ

    続きを読む
  • 47
  • 【予告動画】MBS、沖縄基地反対活動家に寄り添ったドキュメンタリー番組放送「ネットにデマ蔓延」 ※ディレクターは橋下市長に論破された斉加尚代氏

    1: メンマ(茨城県)@\(^o^)/ [US] 2017/01/29(日) 23:27:59.86 ID:aprAZUKu0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    2016年の師走。目まぐるしく事態が動き続ける沖縄で、住民がもっとも恐れていたことが現実となった。
    名護市辺野古から遠くない浅瀬に米軍輸送機オスプレイが墜落したのだ。

    11

    リンク先全文参照(予告動画あり)
    http://www.mbs.jp/eizou/
    【補足】
    >MBS報道局番組センターの斉加尚代ディレクター(51)が取材を始めたきっけとなる「デモ」があった。
    http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1770832.html

    【大阪】橋下市長「勉強してから来い!」無知で無礼なMBS女記者の醜態!
    https://www.youtube.com/watch?v=hyzvpCwvFk4


    人気ブログランキングへ

    続きを読む
  • 10
  • ◇これは酷い◇ 投票を棄権した人の47%「行ったら共産党に入れる」... 総選挙に反映されなかった、毎日放送(MBS)リスナー調査が示す "本当の民意"【ゲンダイ】

    1: ジーパン刑事 ★@\(^o^)/ 2014/12/16(火) 19:55:37.75 ID:???0.net
    「投票棄権」の47%が「行ったら共産党に入れた」
    毎日放送リスナー調査が示す「本当の民意」

    12日間の選挙戦で目立ったのは、もともとやる気のなさがミエミエだった来年秋の消費増税を
    1年半先送りすることの「信を問う」という安倍政権・連立与党の練りに練った選挙戦術の群を抜くしたたかさだ。
    原子力発電所の再稼働や集団的自衛権行使を巡る解釈改憲など議論の割れる問題にはできるだけ踏み込まず、準備不足の野党各党を圧倒した。
    だが、開票の夜、私がコメンテーターを務めた大阪の毎日放送(MBS)のラジオ番組『2014総選挙開票特番 センセイこれからどうするの?今夜、聞きまくります』が、リスナーを対象に実施した調査で、アベノミクスを支持しない人が支持する人の2倍に達するなど、総選挙に反映されなかった別の民意がくっきりと浮かび上がった。

    まず、番組の冒頭で行った「第1の問い」(投票に行かなかった方にお聞きします。もし投票するなら比例は何党ですか?)の結果が衝撃的なものだった。その結果は、

    共産党  47%
    自民党  26%
    維新の党 21%
    民主党 5%
    公明党   0%
    次世代の党 0%


    となったのだ。

    今回の総選挙は、投票率が52%前後(小選挙区)と前回の59.32%(同)を下回り、戦後最低を更新した。
    ほぼ2人に1人が投票権を放棄する関心の薄い選挙だった。しかし、番組の調査がある程度全国的な傾向を反映していて、その人たちが投票に行っていたとしたら、連立与党の圧勝という実際の総選挙とまったく違った結果が出ていてもおかしくない。
    投票率が結果を大きく左右することは、過去の選挙が示している。例えば、自民党が政権を奪回した前回(2012年)の総選挙では、投票率(小選挙区)が59.32%とその前(2009年)に比べてほぼ10ポイント低下した。その結果、最も大きく得票数を落としたのが、その前の選挙で得票率の上昇をテコに政権交代を成し遂げたばかりだった民主党だ。同党は4009万票も得票数を減らした。
    そのため、得票数の減少が384万票程度だった自民党にまんまと政権を奪還されたのである。
    そこで、MBSの携帯調査の結果だ。それによると、共産党の潜在的な支持率は、実に棄権者のうちの47%と圧倒的に高い。
    もし、今回の総選挙の投票率が高かったら、どんな選挙結果が生まれただろうか。
    今回、共産党は公示前に比べて13議席増やして21議席を獲得する大躍進を見せた。しかも、投票率がかなり上がり、潜在的な支持率通りの投票が実現していたら、共産党がいきなり政権を伺うような立場に立った可能性がなかったとも言い切れない。その可能性を携帯調査は示したと言えなくないのだ。

    logo

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41439

    続きを読む
  • 9
  • ◇動画あり◇『毎日放送:ちちんぷいぷい』が、小4なりすまし事件について解説 ⇒ 問題点を矮小化し、安倍首相叩きに転換の暴挙!

    B3Q0f0ICcAAEcaF


    B3Q3aVUCMAArWC5



    続きを読む

     最新記事一覧


    Powered By 我RSS

     週間人気記事ランキング



     過去の人気記事

      スポンサーリンク
      SNS

      最新記事
      アクセスランキング
      月別アーカイブ
      カテゴリ別アーカイブ
      記事検索
      お問い合わせ
      スポンサーリンク
      アクセスカウンター
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:

      ブログランキング
      ご支援よろしくお願い致します
      おすすめリンク
      RSS