RSS
    スポンサーリンク

    法務省

  • 9
  • 【森雅子法相】「死刑廃止は適当ではない」「凶悪犯罪を犯す者にはやむを得ない。国民世論の多数がやむを得ないと考えている」内閣府世論調査の結果受け

    1001: 【関連記事】 2020/01/


    1: 妖怪障子破り ★ 2020/01/25(土) 16:25:26.40 ID:91kOCsHT9
    森法相「死刑廃止は適当ではない」
    2020.1.24 15:07



    社会正義実現の観点から森氏は「凶悪犯罪を犯す者には死刑を科することもやむを得ない。国民世論の多数が死刑もやむを得ないと考えている」と強調した。 

    https://www.sankei.com/affairs/news/200124/afr2001240022-n1.html
    【参考】




    人気ブログランキング


    続きを読む
    スポンサーリンク
  • 30
  • 【GJ速報】ゴーンの記者会見終了後、即座に森法相が会見 東京地検もコメント発表

    1001: 【動画】 2020/01/08

    1: ベンガル(愛媛県) [US] 2020/01/09(木) 01:26:56.13 ID:y7W4Jrv80 BE:135853815-PLT(12000)
    森法相「司法の場で無罪証明を」 ゴーン被告会見に反論 異例の未明会見

     保釈中にレバノンに逃亡した日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)の会見を受け、森雅子法相は9日午前0時40分すぎから臨時の記者会見を開き、
    「潔白というのなら司法の場で無罪を証明すべきだ」と述べた。日本側の正当な主張を速やかに世界に発信するため、極めて異例となる未明の会見となった。
     ゴーン被告の会見について、森氏は「国内外に向けてわが国の法制度や運用について誤った事実をことさら喧伝(けんでん)するもので到底看過できない」と語った。 


    (略)


    https://www.sankei.com/affairs/news/200109/afr2001090003-n1.html

    被告人カルロス・ゴーン・ビシャラの記者会見について(コメント)

    被告人ゴーンは,犯罪に当たり得る行為をしてまで国外逃亡したものであり,今回の会見内容も自らの行為を不当に正当化するものにすぎない。
    被告人ゴーンが約130日間にわたって逮捕・勾留され,また,保釈指定条件において妻らとの接触が制限されたのは,現にその後違法な手段で出国して逃亡したことからも明らかなとおり,
    被告人ゴーンに高度の逃亡のおそれが認められたことや,妻自身が被告人ゴーンがその任務に違背して日産から取得した資金の還流先の関係者であるとともに,
    その妻を通じて被告人ゴーンが他の事件関係者に口裏合わせを行うなどの罪証隠滅行為を現に行ってきたことを原因とするもので,被告人ゴーン自身の責任に帰着するものである。
    このような自身の犯した事象を度外視して,一方的に我が国の刑事司法制度を非難する被告人ゴーンの主張は,我が国の刑事司法制度を不当におとしめるものであって,到底受け入れられない。 


     (略)
      
    http://www.kensatsu.go.jp/rireki/index.shtml
    http://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/tokyo/page1000001_00015.PDF
    人気ブログランキング


    続きを読む
  • 25
  • 【法務省】ゴーン被告逃亡受け、保釈制度見直しへ GPS義務付けも検討

    1: どどん ★ 2020/01/07(火) 07:26:08.56 ID:2yfTMJAv9
     日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告がレバノンに無断出国した事件を受け、法務省は再発防止に向けて保釈制度を見直す検討に入った。

     今回のようなケースでは、高額の保釈保証金も国外逃亡の歯止めにはならないことが明確になったためで、被告に対して全地球測位システム(GPS)を
    搭載した機器の装着を義務付ける案も検討対象
    となる。

    以下略 

    時事通信

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200107-00000012-jij-pol

    【参考】




    人気ブログランキング


    続きを読む
  • 53
  • 【北海道・表現の不自由展】写真を燃やされたケント・ギルバート氏、虎ノ門ニュースにて法務省に生電話「ヘイト、肖像権侵害。処罰を」(動画)

    1: Felis silvestris catus ★ 2019/12/27(金) 08:31:45.18 ID:ADRZTJiT9
    https://snjpn.net/archives/173222
    Dappiさんのツイート

    ケント・ギルバート
    「北海道の【表現の不自由展実行員会】が私の写真を燃やしたのはヘイトだし肖像権侵害。処罰を」


    法務省
    「事実なら問題。人権救済申立後に、組織として関与出来そうなら調査する。ヘイトだったら相手を呼び注意する」


    やりたい放題の左派を野放しにしないためにも申立てしてほしい

    (略)
    【参考】
    自身の写真を燃やす映像が展示…ケント・ギルバート氏、法務省に人権相談 「生きている人の写真を焼く…とんでもない侮辱」
    2019.12.26
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/191226/dom1912260006-n1.html

    【DHC】2019/12/25(水) 上念司×ケント・ギルバート×居島一平【虎ノ門ニュース】

    ※1:07:53〜


    人気ブログランキング


    続きを読む

    【動画】TBS「入管施設で収容者“暴行”。衝撃の内部映像」⇒

    1: 風吹けば名無し 2019/12/24(火) 11:45:53.46 ID:cDA1wbQKaEVE
    【参考】





    人気ブログランキング


    続きを読む
  • 39
  • 【速報】河井法務大臣、辞表提出  後任は森雅子氏

    1: シャリシャリ君(東京都) [CN] 2019/10/31(木) 08:07:00.66 ID:RLYSGr+r0 BE:448218991-PLT(13145)
    河井法務大臣は、先の参議院選挙で当選した妻の河井案里参議院議員の事務所が運動員に
    法律の規定を上回る報酬を支払っていた疑いがあるなどと一部で報じられたことを受け、
    法務行政への影響を考慮して、辞任する意向を固めました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191031/k10012157941000.html
    【参考】



    人気ブログランキング

    続きを読む

    【ごね得】国外退去処分を受けながら送還拒否する外国人が急増 有識者らが初の対策会議 6月末時点で858人

    1: かに玉 ★ 2019/10/22(火) 20:51:48.87 ID:DptjIimT9
    10/22(火) 11:34 テレ朝 news
     国外退去処分を受けながら送還を拒否している外国人が増加している問題を受け、出入国在留管理庁は有識者らが対策を話し合う専門部会の初会合を開きました。

     以下略

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191022-00000018-ann-soci

    【参考】

    人気ブログランキング


    続きを読む
  • 29
  • 【朗報】韓国の市民団体、独島守護全国連帯が(防衛白書)抗議のため日本訪問 ⇒ 空港で入国拒否

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/09/29(日) 04:42:22.48 ID:CAP_USER
    (韓国の)市民団体が日本の独島(トクド)領有権主張に反発して、日本の首相官邸と防衛省に抗議訪問しようとしましたが、日本の空港で入国を拒否されました。

    以下略

    ソース:YTN(韓国語)
    https://www.ytn.co.kr/_ln/0103_201909290356496362
    【参考】




    人気ブログランキング


    続きを読む

    【東京地裁】日本に生まれ育ったイラン国籍少年(16)の強制送還 「無効」認めず

    1: 次郎丸 ★ 2019/03/01(金) 18:19:44.56 ID:IbyVkVsw9
    日本に生まれ育ったイラン国籍少年の強制送還 「無効」認めず 東京地裁
    毎日新聞 2019年2月28日 19時37分(最終更新 3月1日 07時05分)
    https://mainichi.jp/articles/20190228/k00/00m/040/194000c

     日本で生まれ育ったイラン国籍の少年(16)が、父親の不法滞在(オーバーステイ)での逮捕を機に入国管理局に退去強制令書を出されたのは、社会通念に照らして著しく妥当性を欠くとして、国を相手取り無効確認などを求めた訴訟で、東京地裁は28日、原告側の訴えを退ける判決を言い渡した。
    少年側は「ペルシャ語を話せず、イスラム教徒でもない原告が、イラン社会に適応することは困難」と主張したが、清水知恵子裁判長は少年に責任がないことを認めつつ「客観的にみれば法秩序に違反する」と判断。原告の支援者は「少年の人権を踏みにじる判決」と批判した。

    以下略

    スクリーンショット 2019-03-01 23.14.02
    人気ブログランキング

    続きを読む

     過去の人気記事

      スポンサーリンク
      最新記事
      アクセスランキング
      月別アーカイブ
      カテゴリ別アーカイブ
      記事検索
      お問い合わせ
      スポンサーリンク
      アクセスカウンター
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:

      ブログランキング
      ご支援よろしくお願い致します
      SNS

      おすすめリンク