RSS
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
戦争 議論

【議論】第二次世界大戦でどうすれば日本は勝てたのか

55
svg

1: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:21:05 ID:cpJ

中国だけ相手してたら勝ち馬に乗れたのだろうか

人気ブログランキング

《おすすめ記事》

2: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:24:03 ID:cpJ

死者で言えば同盟軍5000万、枢軸国1200万という事実
5: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:25:09 ID:Zg9

>>2
連合国やろ
8: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:25:28 ID:cpJ

>>5
連合国やったな
4: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:24:54 ID:1Ux

アメリカにケンカ売らない
朝鮮を併合しない
満州やなくて最初から南に行く
多分これでだいぶ違う
25: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:35:35 ID:coG

>>4
南に行く

イギリス「調子乗んなや」
オランダ「調子乗んなや」
オーストラリア「調子乗んなや」
ニュージーランド「調子乗んなや」
アメリカ「はい油止め~!w」

こうやぞ

9: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:26:20 ID:fIk

大和魂(笑)がなけりゃ勝てたが、そもそも列強に喧嘩すら売れてないという
10: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:26:53 ID:1Ux

>>9
それがなかったら多分明治維新起こらず植民地なってたんちゃう

スポンサーリンク




《おすすめ記事》

14: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:28:19 ID:fIk

もはや戦術的なタラレバはないやろなぁ
17: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:31:55 ID:YVY

オイルがないのに勝てるわけ無いんだよなぁ
27: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:35:58 ID:cpJ

そもそもドイツがあんなにガチったのにモスクワもスターリングラードもレニングラードも落とせなかったんやから
ソ連とは喧嘩しないに限る
アメリカも同じく
31: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:38:38 ID:Ghw

秀吉の時代くらいに台湾とか東南アジアを侵略しとく
35: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:39:21 ID:mN4

>>31
江戸幕府「うーん、鎖国でw」
39: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:39:43 ID:cpJ

>>31
やろうとしたけど失敗したんだよなぁ
40: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:39:45 ID:tJD

>>31
江戸幕府が台湾に拠点を持っていたんだよなぁ・・・
なお撤退した模様
64: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:48:58 ID:Ghw

>>39
>>40
300年後の日本を救うと思って、何でもっと頑張れなかったのか
朝鮮半島攻め入るより簡単やろ
67: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:49:18 ID:tJD

>>64
清「駄目です」
71: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:50:02 ID:cpJ

>>64
当時の中国とインドって世界最強の国やったからしゃーない
83: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:52:29 ID:Ghw

>>71
せやけど、朝鮮半島攻め入るよりは中国さんを刺激することないやろ
87: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:53:39 ID:DLt

>>71
イギリス連邦にはかなわなかったで
インドもイスラム教徒とヒンズー教徒に分断されて
パキスタンとか今も争いが続いてるで
47: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:42:53 ID:coG

日本がこの位置にある以上ゆくゆくはソ連やアメリカが台頭して争いが起きるのは必至

よって、どうすればより少ない犠牲で発展できたかって部分にした方がいいかも

あの時代どう立ち回っても連合敵にした時点で日本はどうあがいても勝てない

70: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:49:55 ID:DLt

結局、東南アジアや中国に進出する日本が気に食わんくて
アメ様はハルノートをつきつけ戦争の口実を作らせたんやで
73: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:50:51 ID:KIs

最低限必要な領土(資源)を確保して後は防衛と外交でしのぐ
最低限必要に関しては詳しい人よろしく
84: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:52:40 ID:tJD

>>73
明治政府「日本本土を守るためには台湾と朝鮮が必要やな」
満州閥「朝鮮を守るためには満州が必要やな」
陸軍「満州を守るためには華北が必要やな」
陸軍「華北を守るためには中国が必要やな」
91: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:53:58 ID:Zg9

>>84
途中から内閣が軍の追認機関になる展開ほんと糞
108: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:58:06 ID:KIs

>>84
>>91
サンガツ
防衛ってのはあるやろうけど石油とか資源が欲しかったんやないの?
88: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:53:45 ID:coG

信長幕府ができてたらどうなってたかは気になる
97: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:55:07 ID:RcX

>>88
鎖国はしてへんから海外進出したやろ
そっから近代でもうまくいけるか、それとも欧米に叩き潰されるかは後世の指導者次第
99: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:56:23 ID:7Jk

信長ってキリスト教容認やし下手すりゃキリスト教布教からの日本植民地ルート無いか
102: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:57:19 ID:Zg9

>>99
当時の日本を軍事的に屈服させられるのか問題
それよか取引相手にした方が利益あるやろ
113: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)01:58:50 ID:mN4

>>102
確かに潰しても潰しても延々と新しい勢力出てきそうやね
144: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)02:07:09 ID:Ghw

秀吉~江戸時代初期に台湾征服はいけそうやな
明が弱ってる時期に躊躇なくやれば

これがスレタイの答えやろ

150: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)02:07:56 ID:cpJ

>>144
台湾征服してどうなるねん
154: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)02:08:43 ID:Ghw

>>150
その時代に征服しとけば、台湾を要塞化できるやろ
151: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)02:08:27 ID:RcX

>>144
ついでに鎖国しないルートなら、ナポレオン戦争時にイギリス側にくっついて東南アジアをどさくさに紛れて奪ってくって手もある
152: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)02:08:29 ID:tJD

>>144
オランダと絶対揉めるから無理
158: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)02:10:22 ID:Zg9

植民地拡大して欧米勢と競い合う時点で死亡フラグやろ
それよか江戸幕府体制で小さくまとまってた方が安全や
軍事的に日本を征服するのは困難で、取引相手として付き合う方が採算取れるしな
161: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)02:10:56 ID:uu6

国連脱退せず連合国にいれば勝ち組だった
そもそも韓国がついた方が負けるから日韓併合が間違い
併合しなければ資金が潤っていた
165: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)02:12:01 ID:rb9

>>161
んなこと言ってもロシアが朝鮮に出てきたら困るやろ
169: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)02:12:51 ID:RcX

>>165
保護国のまま置いとけばええやろ
173: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)02:14:03 ID:rb9

>>169
頭ええな
177: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)02:15:07 ID:RcX

>>173
普通に当時も議論されてたことやで
なお保護国派筆頭の伊藤はどこぞのテロリストに殺された模様
175: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)02:14:32 ID:coG

幕府続けてたら続けてたでいずれ黒船は来るし最悪植民地にされる恐れ
335: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)03:02:02 ID:O7m

まあ満州事変やった時点で国内がバラバラになったから満州でやめられなかったんだけどさ
338: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)03:04:16 ID:yKx

イギリスは何だかんだ言って満州の事では根回ししてくれてたんだよなぁ
339: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)03:04:36 ID:O7m

>>338
リース・ロスの幣制改革に協力してればなぁ
341: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)03:06:14 ID:yKx

>>339
中国に手助けしとるとでも思ってたんちゃう?
当時のお上は
342: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)03:08:27 ID:O7m

>>341
中国の経済危機を救うなんてけしからんって考えだとしたらそれはそれでどうなのかと思うんだけど
348: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)03:11:42 ID:yKx

>>342
一応敵国やから分からんでも無いけど各国の利益を考えてないから戦争にも負けるんやで…(辟易)
351: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)03:14:29 ID:O7m

>>348
幣制改革は1935だからまだ全面衝突はしてないよ
西安事件は1936だからこのころの蒋介石は国共内戦中
353: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)03:15:08 ID:yKx

>>351
でも日本の仮想敵国は中国とソ連やろ?
354: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)03:16:54 ID:O7m

>>353
一年後の1936の時点だと北進論と南進論の両論併記ですな
355: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)03:17:24 ID:Zjy

>>354
でも中国にも進むし、アメリカにも喧嘩売るんでしょ?
357: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)03:18:30 ID:O7m

>>355
今更当時の日本の支離滅裂さを強調しなくてもいいから…
363: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)03:22:52 ID:7Jk

ルーズベルトが大統領やってる時点で日本から対米開戦回避する術あったか?
366: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)03:23:20 ID:kzE

>>363
ない
370: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)03:24:44 ID:O7m

日米諒解案を飲むのもアリなんだけど、三国同盟結ばないだけで難易度がかなり下がる
385: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)03:32:07 ID:O7m

陸軍も海軍も政治介入しすぎだけどどっちがヤバいかというと陸軍でしょ
386: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)03:32:25 ID:kzE

>>385
外交面でやらかしてるしな
364: 名無しさん@おーぷん 2019/03/08(金)03:23:09 ID:O5z

まず陸軍と海軍で戦争計画しとる国一致してないじてんで詰んでる
結局対英米作戦の最終案まとまったのは開戦のたった3ヶ月前やで
しかも圧倒的国力差で対米作戦は不可という前提を覆した机上の空論やし
310: ■忍法帖【Lv=11,バラモス,wQ2】 2019/03/08(金)02:50:54 ID:F5m

でも最終戦争論って正しかったよな

将来は超大国が台頭(ロシア、アメリカ)して他の国は経済的に隷属的な立場に置かれる
とくに資源を持たない国家はやばいから技術立国しないといけない
日本が超大国の立場になるには満州と可能なら中国も必要、協力でもいい
いずれ超大国同士の最終戦争が起きてそのあと世界に恒久的な平和が訪れる

まさに事実になってる

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1551975665/

スポンサーリンク




《おすすめ記事》

コメント

  1. 参謀みたいな上層部に、陸軍瀬島のようなコミンテルンが大量に入り込んでソ連戦不可避の為に対米シフトしてたり、海軍神重徳みたいな航空戦軽視した突撃参謀が戦力すり潰したり、そもそも参謀連中に問題多すぎて、そこからっていうね。

    本来敗戦責任は作戦立案した参謀が負わないといけないのに、戦後は現場指揮官に責任全部押し付けたし、そこの問題視が抜けてるのはおかしいと思う。

  2. どう足掻いても勝てん。負けないようにどうたち振る舞うか。 負けるにしてもいかに上手く負けて損失を少なくするかを考えるしかない。
    まぁ国が滅びて民族が消滅したわけではないから、喜びはしないが上手く負けた方だろう。

  3. ※2
    その負けた結果、日本は軍閥を解体し農業や経済を改革して近代民主国家として復活できた
    戦争に勝つ事・負けない事を第一に考えてるけど、あの敗戦が無くて日本が戦前の体質を維持したまま現在まで来てたらソ連みたいに政治経済的に崩壊して、没落したまま復活できずにいる可能性が高い

  4. アメリカ側につけば勝てた。
    もう2、3年制裁耐えてシビレ切らしたアメリカが欧州戦線参戦してからとかなら連合国側からとかあったかも知れん。
    とはいえ中国は手離さなきゃアメリカは入れてくれんだろうけど

  5. 植民地勢にブロック経済やられてる状況だから、大陸進出しない選択肢は取りづらいよ

    ドイツと同盟しなければ、アメリカと協力して支那を叩く展開もありえた
    歴史の教訓とするならば、今は支那チスとは組まずにアメリカと協力することだ

  6. ハナから勝てないとわかってて3年間暴れまくったんだよキリスト教が気持ち悪いから。間違ってなかったろいぬ

  7. 朝鮮を併合しないで保護国化はありだったかもね
    費やした金銭的人的費用も大きかっただろうし

  8. ターチン油田を見つけていれば南下する必要は皆無やよねwww

  9. >>1
    確かに現場責任者ばかり戦犯で裁かれてるよな

    連合国から見たら、日本が負けるような作戦を立案した参謀は功労者とか?

  10. とにかくミッドウェーでしょ
    全戦力を投入して、米正規空母3隻を撃沈し、パナマ運河を破壊できていれば戦局は変わっていたはず
    あの大切な戦いに戦力を分散したのが痛かった

  11. ※2
    >まぁ国が滅びて民族が消滅したわけではないから、喜びはしないが上手く負けた方だろう。

    これ。
    勝とうとするのがそもそも無理ゲー。
    負け方で何を得るかを考えた方が現実的だと思う。
    ただ、上手く負けたかというと常任理事国から外されて、本土まで焦土化して原爆を落とされて、それで上手く負けたというのは無理がありすぎる。
    もっと早い時点で講和にシフトして、満州や朝鮮を譲るから輸出枠と石油を貰える方向が現実的だったかなと思う。

  12. 国民感情という怪物が制御不能すぎたんだよ
    未だにメディアを制御できず、暴走は続いている

  13. ★ソ連のスパイの排除
    ★暗号の強化
    ★原爆の製造

  14. 徹底したアカ狩りやってコミンテルンを排除し、アメリカに工作かけてルーズベルトがソ連とズブズブのアカ野郎だとつるし上げて失脚させ日米同盟を結ぶ
    コミンテルンの工作を理由に日ソ中立条約を破棄して極東ロシアと東シベリアを取る
    半島の奴らを一人残らず東シベリアに送る
    あとは中国に過度な深入りはせずに大東亜共栄圏の流れでいいんじゃないかな

  15. なんか大艦巨砲主義みたいな記事だな
    ここにしては珍しい

  16. 西洋の大航海時代にまで遡るしかないだろ
    その時点で日本も海外植民地の確保に乗り出せば条件的に対等になる
    東南アジアを先に抑えるくらいしか思いつかんわ

  17. アメリカの大統領がオバマだったら勝ってた

  18. 答えは簡単、敗ける戦いはしないこと、でも現実はできなかったんだよネ。

  19. 何年から歴史介入していいかによって成功率が変わるな
    まぁ江戸幕府に対外拡張能力が無いということは日本にその力が無かったということだが
    WW2前の戦間期から始めるならまずコミンテルンの排除やな

  20. いいや、勝てなかったでしょ。
    「アメリカと同盟組みました」ぐらいの事にならない限り。

  21. イギリスだけを相手に戦争やって、南方資源帯確保からのインド洋で通商破壊しつつ、本土で兵力や資源をため込む。
    米国はハルノート全暴露したら、さすがの米議会もルーズベルトに対して反感つのらせるから時間稼ぎはできると思う。
    米軍がメイン号よろしく自作自演で宣戦布告してきたら、引き付けて撃破を繰り返す。

    実際問題アメリカも戦時国債が売れずにやべー時があった。
    真珠湾やらなかったらアメリカと言えど、国民の反対で本気出せずに停戦にもって行ける可能性はあると思うぞ

  22. 現代の日本人に論評出来るだけの知識と資質があると思えない。
    でも、朝日新聞さえなければ、より良い選択が出来ただろうとは思う

  23. >>15
    本当にね。ここはこう言う記事無かっただけにびっくりした。
    零戦とか大和とか扱い出したら本格的に本心転換するのかね

  24. >>23
    ×本心○方針

  25. 国益だけを考えて一方的に三国同盟を破棄しドイツに宣戦布告。要請がなくても地中海方面へ第5航空戦隊(瑞鶴、翔鶴)を派遣し、ドイツの航空策源地をたたく。海軍はもともとヒトラーのドイツ嫌いだから進んで作戦を実行する。イギリスは多分喜ぶ。迫害されたユダヤ民族を満州に誘致(フグ計画)して生存のための土地を与える。アメリカはまんざらでもない。つまり欧州の戦争に深入りしなかった第一次世界大戦と同じことをする。こうすれば戦勝国になれる。

  26. >>15
    客層が変われば同じテーマでもコメントは変わってくるし、こういう記事もたまには思考実験として良いと思うよ

  27. >>21
    同じことを感じている。相手がオランダ、イギリスまでだったら、負けることはなかっただろうね。

    でも、負けなければ負けないで、朝鮮が今以上に日本に入り込んでいたでしょうね。皇室との縁組みも進められただろうし。日韓併合は、日本史最大のミスだったと思う。

  28. 先の大戦における日本国の敗戦を悔しがる風潮は止めにしよう。
    俺はあの敗北を心から良かったと思うようになった。

    その最大の理由は、結果論ではあるが、朝鮮半島を日本から完全に切り離すことができたからだ。

    考えてみてほしい。
    もしあの敗北がなかったとしたら、間違いなくいまだに半島が日本の一部であり続けているであろう。
    そして朝鮮が世界中で起こすあらゆる不貞行為、犯罪行為は全て”日本”の悪行とみなされていただろう。

    大東亜戦争における日本国の敗戦は、むしろ日本にとって幸運であったというしかない。。。と今は思うようになった。

  29. >>19
    ヴェノナ文書の解読が進むとそれが正解っていつか言われるんだと思うわ
    日中戦争以後でどんな対応策を仮想戦記仕立てで思考しても、満州朝鮮半島以南・千島列島+日本本土・東欧支配に突き進む野望を持ったソビエトの工作がある限り戦争の行方は変わらなかったろう
    山本五十六が後世で頑張っても

    そんな大元のロシア革命、コミンテルンを育ててしまった一端は日露戦争に勝ちたかった我が大日本帝国だったんだから、歴史の皮肉としても笑えない…

  30. まっ、とりあえず、対米開戦さえしなければ、方法はあるだろうな。
    逆に言えば、対米開戦したら、もう打つ手は無いよ。

  31. 倉山満さんがおっしゃるように、「パールハーバーでは無く、インドネシアで一本化」すれば、アメリカも日本を攻撃する理由がありませんでした。
    そう言う意味で、山本五十六のやり方には大反対です!!

  32. >>11
    それこそ夢物語だ。 早期講話はアメリカが認めない。 敵は後先考えず叩き潰すのがアメリカだから。

  33. >>1WW2後即米vs.ソ
    潜在的に米vs.ソ
    米と組んで、ドイツと一緒にソ連滅ぼしておけば
    中国では共産党が対等せず、北朝鮮も生まれず、朝鮮半島は李氏朝鮮のまま放置されていた
    日韓併合はしない

  34. 第1次大戦の時は、米国とロシアが参戦してないので、勝てた!
    第2次大戦は、米国が本気で参戦して後半にロシアも参戦して勝ち目がない!
    日本国内に物資の供給がない。資源も底をついて、必然的に敗戦色が濃いかった!

  35. 当時、ソーラレイが完成していればな。

  36. 勝ち負けの状況に追い込まれないようとにかくコミンテルンの徹底排除につきる
    いまからでも遅くない

  37. >>31
    当時のアメリカ国民て戦争に後ろ向きだったけど真珠湾で一気に開戦へ傾いたようだし
    陸軍が暴走した、とよく言われるけど、山本五十六が独断で計画になかった真珠湾奇襲なる愚策をやることでわかるように、当時の海軍の暴走ぶりはまさに国を滅ぼす勢いだった
    たらればはいかんが、海軍がまともに機能していたら、もう少しはましな結果(勝てはしないが)だったであろう

  38. 資源の無い国の悲哀だな。

  39. 1895年 日本が日清戦争の勝利で台湾領有
    1898年 米国が米西戦争の勝利でフィリピン領有
    そしてバシー海峡(台・比間の海峡)を挟んで日米が対峙するようになり、狭い所では幅わずか約100キロ・・ああいう時代に、それから四十数年、よくもったとも言えるかも知れない
    そして目の前でフィリピンでの弾圧(犠牲者20万~150万人)も見せられて、日本政府は桂タフト協定に代表される数々の協定結ぶなどして日本に矛先が向かわぬよう苦心したが、民間の日本人の中には義侠心から比独立派と通じたりする者も居た
    目の前で比での振る舞いを見せられてたら、ある意味、日米衝突は経緯は違くなったとしても歴史の必然で、衝突せず比のようにもならず・・と言うのは結構無理ゲーっぽい気もしたりする

  40. ただ、米国一般国民はモンロー主義じゃないが「米国だけで事足りるじゃん」という認識が多く、国を挙げた戦争になる為には一種の宗教じみた思い込みが必要だったりするわけで、
    たとえ必然っぽい背景が有るにしろ、元々は「アジアで会話成立するのは日本だけ」って感じの認識だったのが、わずか10年程でひっくり返されて「アジアで問題なのは日本だけ」となってしまった失敗は、どこかの工作があったにせよ現代でも教訓にすべき事ですわな

  41. 宇垣一成さんは最後の希望だと思う。

  42. 日本は、進軍について補給のことを考えずに精神論で押していて、その進軍ルートも軍事的な事しか考えず、植民地政策も赴任者任せで明確なビジョンがあって進軍したワケではないので、いずれ破綻するのがトーゼンだった。
    補給なんて現地調達を前提にしていたから、非協力者が出てくるのは当たり前。進軍に対する考え方自体が問題があるのだから、進軍するルートを変えればいい、というモノではない。

  43. 資源がない時点でもう詰んでると思う。
    さらに朝鮮がひっついてたからね。

  44. >>32
    >それこそ夢物語だ。 早期講話はアメリカが認めない。 敵は後先考えず叩き潰すのがアメリカだから。

    当初、アメリカの目的は日本を叩き潰す事ではなかった。
    満州利権が目的だったから満州を手放せば、米・中・露との交戦理由は無くなる。
    まあ、日本が財政破綻していただろうけどねw
    どう転んでも日本が負けるシナリオしかないから、上手く負ける方法を考えるしかない。

  45. 無理だろうなぁ
    戦略とか戦術とかどう頑張っても、物量が違いすぎるし
    もはや地形を作る段階からやり直すしかない

    或いはアメリカ国民が根を上げるまで粘るか
    経済破綻させるまで粘るが

    無理だろうなぁ

  46. 仮に連合側について戦争で勝利側になっても、帝国体制がそのまま続けばその後の発展はなかっただろうしな
    結局産業革命以後、石油が重要資源になった段階で持たざる国の日本は負け確が決まったと言っていい
    大戦敗北という通過儀礼を経て今の発展があるのだと思えば、勝負に負けて試合に勝ったと思うくらいがいいだろう

  47. 第二次大戦は勝ち負けの戦争じゃないってわかってない人が多いな。
    米英に「戦って死ぬか、飢えて死ぬか選べ」と言われた戦争。「アメリカに手を出したのが…」この認識が根本的な間違い。

  48. インドネシアを取った時点で油は手に入れたんだから、あそこで止めとけば良かったって気はするけど、コミンテルンのスパイも大量に入り込んでたし、アメリカもせっかく開発した核爆弾の人体実験がしたかったから、結局変わらなかったと思う。

  49. 後々冷戦が始まる事わかってりゃ三国同盟ナシ・対米交渉の引き延ばしで
    ドイツさんがお亡くなりになるまで忍の一字
    欧州大戦後に米ソ冷戦が始まれば日本の位置的価値が飛躍的に上がる
    もちろん満州も含めて
    そうなりゃ米側に付いて満州に米資本やら在満米軍置いて本土の後方要塞基地としての価値を向上させ役割を全うするのみ

  50. グルジア人(現ジョージア人)のヨシフ・スターリンも
    白人の優越を信じる一人だったということ。
    日露戦争をロシア革命の起点とは思わずに、黄色人種に
    負けた屈辱の戦争だと思ってたらしい。
    それゆえに最も日本を恐れていた。
    そんな今日3月8日は2月革命の記念日。

  51. よく、リメンバー・パールハーバーって言うけどさ、ハワイってアメリカが王様を追い出して女王を拉致監禁してハワイ人から選挙権を奪って侵略したのにアメリカの領土を攻撃した日本許すまじって頭おかしいんじゃないのか?アメリカ人は。
    侵略者はおまえらだろ。

  52. 米国と英国が手を結んだ時点で詰みだから、
    米国と英国が争う様に対立させる方向に誘導させる
    日英同盟破棄も絶対回避で

  53. アメリカの公民権運動が戦後だぞ。
    地球はほとんど全部白人に支配されてた。
    有色人種のまともな独立国なんて世界に日本くらいで、
    「なぜサルの小国が独立してるのだろう?変だなあ、早く植民地にしないといけませんね」
    くらいに思ってた白人が大半じゃないのか。
    白人だけが人で、人種差別は普通の時代、有色人種の国家は白人が奴隷をまとめる手続き係に過ぎない。
    日本がどう立ち回っても白人至上主義の世界でうまく行くはずがない。
    なめたら痛い目に遭うと分からせただけで精一杯で、ものすごく上手くやった方だと思う。

  54. 今の特亜より百倍えげつない手法でアメリカに取り入ってたらあるいは

  55. >>4
    日米諒解案の段階でアメリカ側の融和姿勢をちゃんと利用出来てれば良かったんだけどね。アメリカはイギリスまで敗北してドイツが完全勝利を確定するのを一番恐れてたからなぁ。

タイトルとURLをコピーしました